ボストン美術館の至宝展 東西の名品、珠玉のコレクション 2018年2月18日(日)~7月1日(日)

約50万点の作品を所蔵する世界有数の美術館として知られるボストン美術館。本展では、その広範なコレクションから、古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術の7分野にわたる珠玉の80点をご紹介します。また、ボストン美術館のコレクションを築いてきた収集家たちの物語にも着目し、ご覧いただく作品がどのように収集家の心をとらえ、美術館に収蔵されることになったのかを探ります。これまで当館でご紹介してきた、ファン・ゴッホが描いたジョセフ・ルーランとルーラン夫人の夫婦の肖像画、モネの《睡蓮》、徽宗の《五色鸚鵡図》をはじめ、初出品の《ツタンカーメン王頭部》、英一蝶の巨大な《涅槃図》、ウォーホルの《ジャッキー》など、東西の名品をご堪能ください。

英一蝶《涅槃図》江戸時代、1713年(正徳3年)
Fenollosa-Weld Collection, 11.4221

フィンセント・ファン・ゴッホ《郵便配達人ジョゼフ・ルーラン》1888年
Gift of Robert Treat Paine 2nd, 35.1982

《ツタンカーメン王頭部》エジプト、新王国時代、第18王朝、ツタンカーメン王の治世、紀元前1336-1327年
Museum purchase with funds donated by Miss Mary S. Ames, 11.1533

開催概要

主催 名古屋ボストン美術館、ボストン美術館、朝日新聞社
共催 中日新聞社
後援 アメリカ大使館、愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、名古屋商工会議所
特別協賛 第一生命グループ:第一生命、第一フロンティア生命、ネオファースト生命
協賛 凸版印刷、三菱商事、中京テレビ放送
協力 日本航空、日本貨物航空、近畿日本鉄道、東海旅客鉄道、名古屋市交通局、名古屋鉄道、ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋、エスカ、中部国際空港、ユニモール